タイに負けず劣らず。ベトナムのアニメショップとゲーセン事情

th_P1030131
サイゴン川とさやかちゃん

臼井です。

さてさて、今日からベトナム編。(既に1ヶ月前だけど)

ベトナムは南のホーチミンから入り、北の首都・ハノイまで、下から上へ縦断するつもりだったけど、ハノイまでバスで丸2日かかるというのと、ビザ無しで滞在できる期間が2週間と短いため、中部の都市フエまでで断念。

(ハノイに行きたかった理由は、みもりんの撮影聖地巡礼というのはここだけの秘密)
参照:三森すずこがベトナムで撮影した初写真集を語る!「みもりんっ」サイン本お渡し会インタビュー!

さかなちゃんのインタビューで聞いていた通り、ベトナムのホーチミンには、アニメグッズを取り扱うお店や、ゲーセン、メイドカフェなんかが結構な数あって、イベントも2週間の間に2つほど参加してきた。

バンコクとどっちが盛んかと言われた、まだバンコクだとは思うけど、ベトナムも負けず劣らず盛んだし、オタクも沢山いる。

th_IMG_9977

ちょっと大きめのデパート行けば、おもちゃ売り場にガンプラが売ってたり、

th_IMG_0126

本屋に行けば漫画が売ってたり。

th_IMG_0129

どこの本屋も、漫画売り場はこんな感じに、子供の集会場みたいになってた(笑)。
どの漫画も、2万ドン前後で、日本円にして約110円弱。タイもそうだけど、やっぱいこれくらいの値段で売られている国では、オタクカルチャーが子供の娯楽としてものすごく普及してる。

そんなホーチミンでも、どこよりもすごい数のフィギュアやガンプラを扱ってる店があるということを現地のオタクから聞いて行ってきたから紹介したい。

と、思ったけど

あの店で1記事分くらい書けそうだからこれはまた次記事で。

というわけで、今回はベトナム・ホーチミンのゲーセンを2つほど紹介したいと思う。

まず1件目に行ったのがここ。ホーチミン市内でも中心地に位置するデパート、

th_P1020957

「VINCOM CENTER」。

th_P1020941

ここの地下3階にあるのが「World Games」というゲームセンター。

th_P1020953

置いてあるゲームの数も多くてしっかりしたゲーセンって印象。設置してあるゲームは、中国のものや、中国語表記のものが多かった。

th_P1020955

『jubeat』だ!って思ったら、これも以前上海で出会った中国産の『jubeat』のパクリゲー、『magic』だった。

ちゃんとした日本の筐体で動いてる鉄拳なんかもあったけど、とにかく中国製のゲームが多い。やっぱり陸続きになってるからかな。

次に行ってきたゲーセンが、

ここ。

th_P1030185

イオン!またやってきたイオン!!

カンボジアのイオン内にあるゲーセンは、ちょっと整備が行き届いていない印象だったけど、ここベトナムイオンのゲーセンはかなりしっかりしていた。

th_P1030202

設置してあるゲームは、もちろん全て日本製のもの。

th_P1030207

th_P1030213

日本のプリクラも置いてあって、横には貸し出しコスプレ衣装が!
ゲーセンに行くような現地の人は、大抵日本のアニメ・漫画・ゲームも大好きなので、こういうサービスはすごくいいと思う。

th_P1030216

格ゲーもかなりの数設置してあって、驚いたことに、ここのゲーセンは筐体の整備がしっかりされていた。
ブレイブルーシリーズの2作品め、『BLAZBLUE -CONTINUUM SHIFT-』(もう6年くらい前のゲーム)が置いてあって、久々にストレス感じずにコンボ決めれたよ…。

バスで数時間移動移動しただけで国が変わって、言語も文化もオタクカルチャーの根付き方も全く違うってことにつくづく驚かされる。

おしまい。

まとめ

7月16日~7月17日 ベトナム ホーチミン

オタ活充実度:70/100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です