「Penang Anime Matsuri」で見た日本のアニメが海外でビジネス出来ていない現状

th_P1010804
「Penang Anime Matsuri」コスプレ大会の様子

臼井です。

今日は殴り書き程度に前回の記事、「Penang Anime Matsuri」に行って考えたことや違和感を覚えたことなんかを書いていく。半分愚痴になるかも。

海外のアニメイベントだと、有名コスプレイヤーがゲストとして呼ばれることが多々ある。「Penang Anime Matsuri」にも5人程来ていました。全員日本人じゃなかったけど。

トークショーだったり、ステージでちょっとしたパフォーマンスをしたり、ワークショップを開いたり、やることは様々。

日本とは違い、アジアでの有名なコスプレイヤーは、超人気アイドルのような扱い。サイン会や握手会なんかが開催されると、長蛇の列ができたりする。

逆にいうと、アイドル文化がないからこそ、アニメという分かりやすくかわいいアイコンに3次元的な要素が加わって、一種のアイドルのような存在になれたからこそ人気が出たのかもしれない。

まぁ海外のコスプレイヤーがアイドルみたい存在なのかどうかはさておき、どれくらい人気なのかをFacebookページのいいね指標で見てみると、有名な外国人コスプレイヤーはこんな感じ。

スクリーンショット 2015-07-02 00.50.02
Ying Tze Facebookページより
Ying Tze マレーシア人 6万1000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 00.53.11
霜月shimo Facebookページより
霜月shimo 台湾人 7万9000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 00.53.54
Mon夢 Facebookページより
Mon夢 台湾人 12万いいね

スクリーンショット 2015-07-02 00.54.28
Baozi&Hana Facebookページより
Baozi&Hana 中国人 8万7000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 00.55.12
AngieO_O Facebookページより
AngieO_O マレーシア人 5万7000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 00.55.46
AZA MIYUKO Facebookページより
AZA MIYUKO 韓国人 24万いいね

AZAさん以外はみんな「Penang Anime Matsuri」にゲストとして呼ばれたレイヤーの方々。「Penang Anime Matsuri」に日本人のコスプレイヤーは一人も来ていなかった。

とりあえずいいね数やべーなぁ……と。

でもコスプレって現状全くお金につながらないんですよ。勝手にアニメキャラの服着て、勝手に人気になってるだけですからね。

コンテツホルダー側にしっかりお金がいくケースといったら、アニメイトがやってるような、「acos」とかで公式のコスプレ服を買うくらい。

しかも周知の通り、海外ではまだまだイリーガルな方法でアニメが視聴されるケースが圧倒的に多い。

そう考えると、いくら海外で日本のアニメが流行っていてもなんだかとっても悔しい

まだ日本人コスプレイヤーが海外イベントに呼ばれて、活躍してるっていうんなら納得がいく。

でも日本人コスプレイヤーの人ってほとんどが日本を中心に活動していて、海外ではあまり知名度がない。同じくFacebookページのいいね指標で見てみると、

スクリーンショット 2015-07-02 11.58.24
五木あきら Facebookページより
五木あきら 3万1000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 12.01.29
えなこ Facebookページより
えなこ 3万6000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 12.11.30
LeChat (るしゃ) Facebookページより
LeChat (るしゃ) 3500いいね

とりあえず僕が思う日本で有名なコスプレイヤーをあげてみたわけだけど、もうこれだけ違う。圧倒的という程。

なるほど…。

じゃあ「Penang Anime Matsuri」に日本から来たアーティストの方々はどうなんだ?と思って調べて見ると、

スクリーンショット 2015-07-02 13.39.24
やなぎなぎ Facebookページより
やなぎなぎ 1万3000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 13.41.32
小林未郁 Facebookページより
小林未郁 5000いいね

スクリーンショット 2015-07-02 13.43.56
八王子P Facebookページより
八王子P 6500いいね

スクリーンショット 2015-07-02 13.40.03
ゆよゆっぺ Facebookページより
ゆよゆっぺ 9000いいね

まじかよ日本のコスプレイヤーよりも全然低いのかよ…。

もちろんFacebookページのいいね数だけじゃ包括的にどれくらい人気かなんてものは測れないとは思うけど。それでも海外のコスプレイヤーは本当に圧倒的だと思う。二回目だけど。

んで、数値として日本のアーティストもあまり海外で脚光を浴びていないとわかったわけなんですけど、実際に会場現場でなかなかショッキングな光景を見たんですよ。

このイベント、各アーティストの直筆サインポスターを事前抽選で、当選した人に当日配布してたんですけど、これがめっちゃ余ってた。多分とりあえず応募して、当たっても取りに来ない人とかがかなりいたんだと思う。

しまいにゃ宿でこのポスターいる?ともマレーシアのオタクに言われたほど。

それでも、ライブはめちゃめちゃ盛り上がっていた。「Butter-Fly」が流れればみんな合唱するし、「回レ!雪月花」が流れるとまじでみんなサビで回りだすレベルに。(曲のサビに回れ回れ回れって連呼する曲がある。)

アーティストにはあまり興味ない、でもアニソンはまじ高まる!

けどこれって現地の人が勝手にアニソンクラブとか作り出したらそれで解決だよね?と思った。

で、何が言いたいかというと、

違法で視聴しているユーザーが多い海外で、ほとんどお金の生まれていないコスプレ文化がめちゃめちゃ流行りまくってて、なおかつアーティストにはあまり興味がなくて、とにかくアニソンが流れてるイベント最高!

ってかなりヤバい状態だよね?ということ。だいぶ大げさに言ってしまったけど。

もちろんこのイベントで僕が見た現状を全否定しているわけではない。
アニメコンベンションやコスプレイベントが盛んになり、海外で若いファンが増えていったのことは、今活躍している海外のコスプレイヤーさんたちがいたからこそというのは紛れもない事実。
スクリーンショット 2015-07-02 19.09.10
この前ワールドビジネスサテライトで、日本のアニメ市場の19%は海外に支えられてるってやってたけど、これ関連商品とかライブの分野で金使ってる外国人とかも大勢いるだろうから、実際にはもう少し海外に支えられてるはず。

うーん、むずかしい。

おしまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です